9月入学制の年間スケジュールはどうなる?海外を参考に日程を予想?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、公立学校の休校長期化を受けて、9月入学制度の導入を求める声が上がっています。

9月入学制度を導入するとなると、年間の学校スケジュールはどうなるのでしょうか。

アメリカなどの海外の例を参考に、卒業式や入学式、運動会は夏休みはどうなるのか予想してみました。

Sponsored Link

9月入学制の導入に期待の声!そのメリットは?

 

 

全国の公立学校の9月入学制導入が全国で話題になっていますが、9月入学制導入にあたってのメリットは何なのでしょうか。

わたしが考える9月入学制導入のメリットとしては、以下のことが挙げられます。

  • 学校休校中にできなかった学生生活と学習時間を確保できる
  • 海外と足並みをあわせることができる
  • 入試の時期をいい季節に変更できる
  • 甲子園を真夏に開催する必要がない
  • 正月休みがゆっくりとれる
  • 卒業式後に新学期の準備までの時間にゆとりがある

それぞれについてもう少し詳しくお伝えしますと

学校休校中にできなかった学生生活と学習時間の確保

全国の公立学校は日本中に緊急事態宣言が出る前の2020年3月はじめから休校しています。

それまでの学年を終え、新しい学期が始まるというタイミングで休校になったために、学習カリキュラムを終えられてないだけではなく、仲のいい友達との残り少ない学生生活を過ごすことすら出来ず、新学期を迎えることになったわけです。

また新学期が始まってからも休校が続き、私立学校の生徒はオンライン授業を受けている一方で、公立学校の生徒は授業が全く受けられず、この学習格差が広がっています。

9月入学制の導入は、この状況を脱するための唯一の方法だと言えるのではないでしょうか。

海外に準ずるシステムの導入

海外では、9月入学制を導入しているところがほとんどです。

海外に留学したい、または海外から日本の学校に留学したいという学生にとって、現行のシステムでは、新学期の始まる時期が海外と日本では違うために双方の国での単位の所得などの兼ね合いが難しかったですが、9月入学制の導入によって、その問題を解決することができるようになります。

さらに海外ですでに実践している制度ですので、9月入学制を導入するにあたって、日本は海外のやり方を参考にできるので、その観点からすると導入しやすい制度といえるのではないかと思います。

入試時期の変更

9月入学になるということは、入試の時期はその3か月から半年前に行われるということになります。

大学入試センター試験で例えると、4月入学の場合1月半ばの試験ですので、9月入学の場合は6月半ばに実施されることになりますね。

梅雨の時期ではありますが、春から夏にかけて入学試験が行われるということで、現行の真冬のセンター試験に比べると季節的にも良いと言われているのです。

甲子園やインターハイ時期の変更

また9月入学制になると部活動の公式大会なども今までとは違う時期に行われます。

特に夏の甲子園は、真夏ですので、選手や観客の体調も心配されたりしていましたが、9月入学制が導入されると甲子園開催時期も変わってくるのではないかと思います。

正月休みにゆとりがある

センター試験を受ける学生にとって、毎年お正月はあってないようなものですよね。

新年を家族や友達らと楽しく祝うこともままならず、勉強に勤しむことになっているのが現状のように思います。

センター試験などの入試の日程がずれ「冬休みがクリスマスイブあたりからお正月明けまで」という2週間足らずではなく、長期休暇が確保できれば、新年をゆっくり過ごすことができるでしょう。

Sponsored Link


9月入学制のデメリットはなに?

 

 

9月入学制にはメリットがある一方で、デメリットも勿論あります。

わたしが考える9月入学制のデメリットは

  • 学年分けの再設定など新制度の導入に時間がかかる
  • 就職活動や就職の時期が変わる
  • コロナウイルス感染が9月に収束するか分からない
  • 国家試験資格を持つ職業に影響がでる
  • 両親の負担が増える
  • 現場の混乱は必至

です。

新制度導入にあたり現場の混乱は避けられない

9月入学制の導入を2020年9月から行うとなると、その基盤づくりや現場で働く教育関係者の混乱は避けられないでしょう。

センター試験などの入試の日程、公式大会といった全てのスケジュールを見直さなければなりません。

乗り越えなければならない課題が山積みというわけですね。

コロナウイルス感染の収束見込みが立たない

現在、この9月入学制の導入を早ければ2020年9月から行おうという動きが見られていますが、万が一コロナウイルス感染の収束の見込みが9月まで立たないとなると、どうなるのでしょうか。

一度決まった制度を2021年4月から新学期がスタートできるように再度現行の4月入学制に戻すということになると、さらなる混乱が予想されます。

就職活動の時期が変わる

現在でも10月が入社式という会社もいつくか見られますが、日本の大部分の企業がいまだに4月入社という方法をとっているところがほとんどです。

9月入学制へ変更するとなると、多くの企業が雇用開始日を変更することになり、そこでも混乱は必至です。

両親の金銭的な負担が増える

9月入学制が導入されても、新規雇用は4月から実施するという企業が多いということになれば、卒業してから翌年の4月までフリーター状態の学生が沢山出てくると予想されます。

その間、彼らの両親は大学を卒業したとはいえ、就職をしていない子どもたちの経済的支援を余儀なくされるわけです。

9月入学制の年間スケジュールはどうなる?

 

 

では9月入学制になった場合の年間スケジュールはどのようになるのでしょうか。

スケジュール
9月 入学式 始業式 健康診断 家庭訪問
10月
11月 運動会 修学旅行
12月 球技大会 冬休み
1月 冬休み (2週間から3週間程度?)
2月
3月 学芸会
4月 春休み(1週間程度?)
5月 私立小学校入試 学力テスト
6月 センター試験 私立高校・中学入試
7月 卒業式 終業式 国公立大学二次試験 公立高校入試
8月 夏休み (1か月程度?)

現状では9月入学制の導入の話がスタートしたところであり、公式に発表されている年間スケジュールはありませんので、参考までに見てみてください。

ちなみに2学期制になるのか3学期制になるのかによっても、長期休みの時期が少し変わってくると考えられます。

Sponsored Link


9月入学制を導入している海外の年間スケジュールはどうなの?

 

 

ちなみに9月入学制を既に導入している海外ではどのような年間スケジュールで動いているのか調べてみました。

9月入学制を導入しているのは、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、モンゴル、ロシア、中国など先進国が目立ちます。

例としてアメリカの高校の年間スケジュールをご紹介します。

1

9月

10月
11月

新入生到着
授業開始中間試験
期末試験
11月末 1週間休み
2

12月
12月~1月
1月
2月
3月
2学期開始
冬休み(2週間)
授業開始
中間試験
期末試験
3月 春休み(3週間)
3

3月末
4月
5月
6月
春学期開始
中間試験
年度末試験
卒業式
6月~ 夏休み
受験

このようなスケジュールになっているようです。

アメリカでは州や地域ごとに学校に関する制度が少しずつ違うところもあるので、とある学校のスケジュールというわけですね。

 

ちなみにカナダは2学期制であり、カナダの長期休暇は

  • 春休み:3月
  • 夏休み:7~8月
  • クリスマス休暇:12月中旬~1月初旬

 

イギリスは3学期制を導入していて、休みの期間の目安は

  • 春休み:3月~4月(イースターホリデー含む)
  • 夏休み:7~8月
  • ハーフタイム休み:10月末
  • クリスマス休暇:12月中旬~1月初旬

 という感じです。

9月入学制の海外の卒業式や入学式のスケジュールは?

 

 

日本では当然のように行われている幼稚園、小学校、中学校、高校、大学における入学式と卒業式のようなフォーマルな式典ですが、ほとんどの世界の国々では行われていません

先程の海外の学校の年間スケジュールを見てあれ?と思った人もいるかもしれませんが、実は海外のほとんどの国ではクラス発表や学校生活のガイダンスを行うのみで初日は終了します。

そして翌日からは通常の学校生活が始まるのです。

なんてあっさりしているの・・と思われるかもしれませんが、教育関係者にとっては、そのような堅苦しい式典がないのはかなり負担軽減になると思います。

また海外では卒業式もほぼないわけですが、その代わり中学や高校の卒業時には、盛大なパーティが開催されます。

海外ドラマで見たことある人もいるかもしれませんが、アメリカやカナダでは高校卒業年度には「プロム」という大きなダンスパーティが開催され、盛大にお祝いするのです。

これらのパーティが日本でいう卒業式みたいなものですね。

Sponsored Link


9月入学制を導入してるアメリカの入試スケジュールはどうなの?

 

 

9月入学制が導入されるとなると、入試の時期などはどうなるのでしょうか。

既に9月入学制を導入しているアメリカの大学入試スケジュールを参考までにご紹介します。

アメリカの場合は、大体11月頃から出願ができるようになり、12月から1月に合否の締め切りが行われるという感じですね。

世界の多くの大学は、入学するのは書類を提出して、お金を支払えば合格する大学も多いようですし、日本のように入学試験の勉強を必至で行う必要もありません。

ですので、合格さえ決まってしまえば、それからは残りのスクールライフを満喫できるというわけですね。

ちなみにEarly Actionは複数大学への出願が可能、Early Decisionは出願できるのが1校のみの専願制で、合格となった場合その大学へ必ず入学する必要がある出願方法なんだそうです。

9月入学制の導入への世間の反応は賛否両論!

 

 

9月入学制の導入については、様々な意見があります。

賛成派の意見も沢山ありますが、反対派の意見としては、

コロナだから9月入学とか断固反対 こんなのただの先延ばしでしょ そもそも9月で完全に終息しているとは思えない 終息していなかったら次の4月まで延ばすのか? 全員留年しろと? 子どもたちの時間を無駄にするな 全国の全ての学校で早急にオンライン授業を導入し今年の授業は全て今年で終わらせるべき

なにより、学生ではない大人の方々が 高校生のために9月入学を! って言ってるのが怖い。

この9月入学制導入については、高校生の署名活動からスタートしたということですが、現役高校生の中にも9月入学制の導入に反対している人も沢山います。

強行突破するだけではなく、現役の学生の意見も聞きながら、9月入学制の導入を進めていく必要があると思います。

9月入学の話が出ている。いろいろメリットが報道されている。個人的に、それ自体に反対というわけではないし賛成ということもないが、心配なのは全国の知事までもがこんなに簡単に乗っかっていいのかなと見えること。こういう話は、賛成だとしても、本来は何年も準備して、検討して決めることなのでは

現在、2020年度から9月入学制の導入をスタートしようという動きが強くなってきていますが、それには十分な時間的猶予がありません。

もう少し長期の準備が必要だという慎重派の意見もありますし、何かあったときに最終的に振り回されるのは学生自身ですので、そうならないようにしっかりと議論を重ねて最善の決定をする必要があると思います。

Sponsored Link


まとめ

9月入学制導入にあたって、年間スケジュールを考察してみました。

アメリカなど既に9月入学制を導入している海外のスケジュールも載せているので、参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

オススメ記事!

9月入学導入で早生まれはいつになる?誕生日ごとの学年の区切りはある?

Sponsored Link