2019板橋花火大会で屋台に合わせた場所取り!穴場スポットは?

夏の恒例行事といえば、花火大会ですね。

今回は東京での有名花火大会の1つである板橋花火大会の屋台情報と場所取りのおすすめ場所、穴場スポットについて紹介します。

2019年板橋花火大会の開催場所、日時は?

 

 

板橋花火大会は、毎年8月の第一土曜日に開催することが決まっています。

2019年の日程を紹介します。

日時:2019年8月3日(土)

打ち上げ時間:19時 ~ 20時30分

開催場所:荒川戸田橋上流板橋側河川敷 (東京都板橋区の都営三田線側)

最寄り駅:高島平駅徒歩30分、西台駅徒歩30分、蓮根駅30分、浮間舟渡駅徒歩30分、成増駅徒歩15分、東武練馬駅徒歩15分
どこの駅からも少し時間がかかりますね。

予定打ち上げ花火数:1万2000発

Sponsored Link

板橋花火大会の来場者数と見どころは?

 

 

毎年板橋花火大会と同日に、戸田橋花火大会も開催されます。

これは荒川を挟んで対岸の土手で行われる花火大会で、双方の大会合わせて例年、50万人程度の観客が見に来るとの情報がありました。

 

戸田側か板橋側どちらで観覧するかの違いだけで、一日で2つの花火大会を楽しめてしまうのはとても魅力的ですね。

 

板橋花火大会の名物である全長700mのナイアガラの滝大スターマイン花火師の競演は見どころとして有名です。

そしてはじめと中盤、フィナーレの3回にわたり1.5尺玉が打ち上げられることも魅力の一つです。

また子どもたちだけでなく、誰もが知っているポケモンのピカチュウ花火も見ることができますよ。

花火でポケモンの形が作れるってすごい技術ですよね。

日本の花火師さんの技術には驚かされます。

板橋花火大会でたくさん屋台が出ている場所はどこ?

 

 

屋台の開催場所には特に決まりはなく、色々な場所に点々と屋台が出ているようですね。

板橋花火大会の屋台スポット

  • 戸田野球場
  • 荒川戸田橋緑地の広場
  • 有料指定席のエリア内
  • 本町五丁目の交差点から戸田橋の交差点までの区間
  • 最寄り駅から会場に向かうまでの道

しかし板橋側は屋台の出店場所が制限されているところがあるため、戸田側のほうが屋台の数は多いといえますね。

屋台を楽しむにはまず場所取りをしてから行くと焦らず買い物ができるかもしれませんね。

Sponsored Link

板橋花火大会の屋台営業時間帯

 

 

屋台の営業時間は特に何時からと決っているわけではありません。

ですので、昼頃からポツポツと営業を始めるお店も出てくると考えていてもらって良いと思います。

15時くらいからは、多くの人が集まり出す時間であり、屋台もほぼ勢揃いといったところですね。

 

営業時間終了については、花火大会終了と同じくらいですので、21時にはおしまいといった具合ですね。

夜中まで営業しているわけではないので、中高生にとっても帰宅がそこまで遅くなることはなさそうです。

板橋花火大会の屋台はたくさんの人なの?

 

 

そうですね。

基本的には一店舗あたりに平均20分待ち時間を考えていてもらうといいかなと思います。

これも時間帯によるので一概にはいませんが、もし待つのが・・・という場合は、会場周辺には大きなショッピングモールがありますので、そこで食べたいものを買って、花火の時間までゆっくり過ごすというのも良いかもしれません。

そして19時半からの花火開始に備えて、18時までには、自分たちの席に待機しておくと安心ですね。

Sponsored Link

屋台から近くの場所取りのおすすめはどこ?

 

 

至るところに点々と屋台が立ち並んでいるので、ココが一番いい!とお伝えすることは難しそうです。

先程も少しお伝えしましたが、打ち上げ場所からたいそう離れていない限り、屋台はいくつもあります。

そのため、まずは場所の確保をしてから、ゆっくりと友達や家族で屋台を見て回ってみても良いかもしれません。

 

板橋花火大会の屋台は100軒ほど出ていると言われています。

金魚すくいや当て物ゲームのほか、子どもたちから大人にまで人気の食べ物屋台がたくさんあります。

かき氷、わたがし、チョコバナナ、あんず飴、ベビーカステラ、きゅうりの一本漬け、お好み焼き、大阪焼、やきそば、たこ焼き、じゃがバター、やきとり、いかやき、フランクフルト、からあげ、ポテトモチなどですね。

わたしは屋台をみると必ず、きゅうりの一本漬けを食べてしまいますね。

どうして屋台で食べるきゅうりの一本漬けはあれほど美味しいんでしょうかね。

板橋花火大会アクセス方法が知りたい!

 

 

高島平駅、西台駅、蓮根駅、浮間舟渡駅、成増駅、東武練馬駅が板橋花火大会のアクセスに便利な駅であります。

しかし高島平駅と浮間舟渡駅がこの中でも一番便利ということもあり、たくさんの人で混雑すると予想されます。

記事のはじめに、各駅の徒歩での歩行時間を記載しましたが、花火大会が終了後など混雑している時間帯はその倍や1.5倍の時間がかかると考えていてもいいと思います。

 

行きは、18時を過ぎると混雑が予想されるので、17時くらいには最寄りまで到着しておくことをおすすめします。

帰りは、花火終了後すぐは大変混雑するので、こちらも少し時間をずらして21時以降に板橋花火大会の最寄り駅を出発してみるのもいいかもしれません。

 

このような大きなイベントの際には、公共交通機関を使うことをおすすめします。

 

しかし万が一自家用車を使いたい場合については、打ち上げ場所から離れたパーキングを利用してもらうのが一番かと思います。

また最近は、「akippa」という個人の自宅などを短時間だけ、一日だけという短期で駐車場を貸し出すオンラインの駐車場貸し出しサービスがあるので、それを利用しても良いかもしれませんね。

Sponsored Link

板橋花火大会の穴場スポット

 

 

せっかく同じ花火を見るなら、混雑の少ないところでゆったりと見たいですよね。

こちらが穴場スポットです。

板橋花火大会の穴場スポット

  • 野草広場・芝生広場
    最寄り駅は高島平駅ですので、比較的混雑なく見れるそうですよ。
  • 戸田競艇場の周辺
    最寄り駅は戸田公園駅。
    川沿いで通りすがりに花火観賞を楽しむことができます。
    打ち上げ場所からも近いため、花火の迫力を直に楽しむことができます。
  • イオン板橋ショッピングセンターの屋上
    打ち上げ場所からは少し離れるため、完璧に花火が見れなくても良いという人におすすめです。
    屋上が開放されていないこともあるので、一度確認してから行くことをおすすめします。
  • イズミヤ板橋店屋上
    地元民のみが知る穴場スポットです。
    これも会場から遠いですが、混雑なくゆったりと見れるということで有名です。
    こちらも屋上開放の有無を確認してみてください。
  • 戸田川河川敷(戸田公園付近)
    ナイアガラの滝は小さいながら見えるそうですよ!
    打ち上げ花火も難なく見えるという口コミもあるので、穴場スポットですね。
  • イトーヨカドー錦町店の屋上
    最寄り駅は戸田駅です。
    こちらは毎年花火大会のために開放されています。
    開放時間は15時から21時です。
    先着順のため、イトーヨカドー1階のヨークマートで3000円以上お買い上げの方に一枚入場券が配布されます。
    一枚につき、4名まで使えるようです。
  • 笹目橋
    最寄り駅は西高島平駅です。
    混雑を回避して花火を見たい人にはおすすめです。
  • 浮間公園
    浮間船渡駅から徒歩10分ほどのところに位置します。

穴場スポットと言えども、誰も知らないわけではないので、場所の確保をすることをおすすめします。

有料観覧席の場所と料金は?

 

 

穴場スポットも良いですが、費用はかかるものの、ばっちりと花火が見えるロケーションで、場所取りに行かなくっちゃ!と焦る必要のない有料観覧席も忘れてはなりません。

費用はかかるものの、もちろん費用を出すだけの価値があるといって良いと思いますよ。

 

板橋花火大会の有料観覧席は陸上競技場内にあります。

席 種 価格(税込) 購入単位
陸上競技場テーブル付き 席 28,000円 4枚1組
陸上競技場イス 席 3,600円 1枚ずつ
陸上競技場グループ 席 28,800円 8枚1組
プライムシート 5,000円 1枚ずつ
S 席 3,100円 1枚ずつ
グループS 席 24,800円 8枚1組
A 席 2,600円 1枚ずつ
ボックス 席 10,400円 4枚1組
グループA 席 20,800円 8枚1組
芝生斜面グループ 席 20,800円 8枚1組

当日券の発行はありません。

また大会中止以外の場合の払い戻しや変更はできません。

 

各シートの種類ごとに、ブルーシートやダンボールで作られた椅子やクッションが無料でついてきます。

ご自身でなにか持ち込みも可能ですが、このようなサービスは嬉しいですね。

  • シート席:ブルーシート
  • 芝生斜面グループ席:専用段ボールイス
  • スタンド席またはシート席:エコクッション

 

プライムシートではワイドスターマインといった板橋花火大会のイチオシ花火を目の前で見ることができちゃいますよ!

 

一般発売は6月の最終土曜日からです。

有料観覧席のチケット購入方法

有料観覧席に興味を持たれた方のために、チケット購入方法をお伝えします。

  • インターネットチケットぴあでの購入
  • セブンイレブンで24時間購入可能
  • いたばし花火大会専用受付電話にて予約
    0570-02-9546で24時間受付

 

ちょっとお高い気もしますが、年に一度のイベントですし、特等席でゆったりと1時間花火観賞ができるというのも、家族にとっても、カップルにとっても思い出に残る機会になるのは間違いないでしょう。

Sponsored Link

板橋花火大会の豆知識情報

 

 

冒頭でも伝えましたが、板橋花火大会の当日は、戸田市側でも「戸田橋花火大会」が同時に行われます。

そのため合計12000発の打ち上げ花火を一度に見ることができる花火大会なんですね。

 

さらに板橋花火大会は昭和26年から続く伝統ある花火大会です。

 

毎年8月の第一土曜日に開催とお伝えしましたが、2020年は東京オリンピックのため、オリンピック開催前の2020年5月23日(土)に開催されることが決まっています。

春の花火大会ってもう2020年を逃したら見ることができないんじゃないかって思います。

暑くなく、心地よい気候で見る花火大会もいつもと違った気分が味わえると思うので、楽しみですね。

まとめ

以上、板橋花火大会の屋台に関する情報、場所取り、穴場スポットについて紹介しました。

一年に一回の花火大会ですので、おすすめの場所や穴場スポットについてしっかりと情報収集して、思い出に残るイベントできたらいいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あなたへのおすすめ記事!

2019調布花火大会の場所取りのおすすめは?穴場スポットはどこ?

2019沼田花火大会の穴場スポットと周辺駐車場のおすすめは?

りんどう湖花火大会2019の穴場スポットは?有料席はおすすめ?

猪名川花火大会2019屋台の開店時間や場所は?駐車場アクセスは?

Sponsored Link