神田松之丞の中学・高校・大学はどこ?超人気講談師のプロフィール!

超人気講談師として現在一番チケットが取りにくいことで知られる神田松之丞。

どのような人物なのか調べてみました。

神田松之丞のプロフィール

 

 

現在注目を集める若き講談師の神田松之丞はどんな人なのでしょうか?

神田松之丞のプロフィール

  • 名前の読み方:かんだ まつのじょう
  • 本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)
  • 愛称:まっちゃん、松之丞
  • 生年月日:1983年6月4日
  • 星座:双子座
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都豊島区
  • 特技:落語を聞くこと
  • 好きな本:スラムダンク
  • 好きな映画:リリィ・シュシュの全て、海が聞こえる
  • デビュー:2007年~
  • 所属:日本講談協会、落語芸術協会

芸名の神田松之丞の”神田”は”亭号”のようなものだそうです。

師匠と同じ名前ということですね。

落語家でいうと、有名な亭号は”笑福亭”、”桂”などですね。

 

ちなみに神田松之丞の所属は日本講談協会、落語芸術協会とありますが、事務所には所属せず、スケジュールの管理は全て自分で行っているようです。

Sponsored Link

講談と落語のちがい

 

講談師はあまり馴染みのない言葉ですが、落語と講談はどのような違いがあるのか調べてみました。

落語は、人を笑わせることを目的としています。

そして笑いを誘うためにどの会話にも仕掛けが隠されています。

一方で、

講談は、名調子と呼ばれるような、流れるような読み方がお客様の拍手を呼びます。

の知的興味を引き出しながら、聞き手を話の世界に引き込みます。

あの偉人の一生はどうだったのだろうか、あの名人はどのようにして、あの作品を作ったのだろうかと、人々が興味を持つテーマをうまく喋っていくという感じです。

少し違いがあるようですね。

講談師・神田松之丞の出身中学はどこ?

 

 

神田松之丞は、豊島区立道和中学校出身です。

2005年に道和中学校と真和中学校が統合し、現在の西池袋小学校として開校しています。

Sponsored Link

人気講談師の神田松之丞の出身高校はどこ?

 

 

また神田松之丞は聖学院高等学校出身です。

聖学院高等学校は東京都の北区中里に所在し、現在は中高一貫教育を行っている学校です。

神田松之丞が通っていたころは、中高一貫学校ではなかったですが、2006年からそのシステムがスタートしたようですね。

高等学校においては、帰国子女だけを募集しているというちょっとめずらしい高校のようです。

神田松之丞が通っていたこの聖学院高等学校の卒業生は、俳優の志尊淳や不倫沙汰が話題となった原田龍二、歌舞伎役者の坂東玉三郎などがいます。

多くの著名人が通っていた高校なんですね。

ちなみに志尊淳は聖学院高等学校を中退しています。

講談師の神田松之丞は武蔵大学出身

 

 

神田松之丞の出身大学は、武蔵大学経済学部経営学科です。

東京都練馬区には武蔵大学のメインキャンパスがあります。

この武蔵大学経済学部経済学科は、

  • 国際経済・経営コース
  • 経済学と現代経済コース

の2つがありますが、神田松之丞がどちらのコースであったかまではわかりませんでした。

Sponsored Link

神田松之丞は高校生で講談師に興味を持った?

 

 

神田松之丞が現在のような超人気講談師になったきっかけは、高校2年生のときに聞いた三遊亭圓生の落語だそうです。

御神酒徳利というものだったそうで、ラジオで偶然聞いたこの落語が衝撃的だったのだとか。

また神田松之丞は高校から大学に入るまで浪人を経験していますが、その時に立川談志独演会を聴いて以降、立川談志のファンになり、追っかけまでしていたそうです。

大学時代に神田一門に魅了された神田松之丞

 

 

そして大学生のころに、神田松之丞は6代目神田伯龍の”村井長庵・雨夜の裏田圃”を聞き、その魅力にどっぷりハマってしまったようです。

それ以降は、神田松鯉に入門させてもらうように懇願し、2007年の11月に現在の”神田松之丞”を命名されました。

Sponsored Link

超人気講談師の神田松之丞の実力

 

 

この講談師神田松之丞の実力は、芸能関係者の大御所も一目置くほどです。

高田文夫や笑福亭鶴瓶、爆笑問題の太田光、スタジオジブリの鈴木敏夫も神田松之丞を高く評価しています。

また2017年に平成28年度花形演芸大賞銀賞受賞、翌年も第35回浅草芸能大賞新人賞受賞しています。

さらに2019年には平成30年度花形演芸大賞金賞受賞していて、今後のますますの活躍が期待されています。

また、入門仕立てのころに、師匠の神田松鯉からも「お前は将来名人になる」と太鼓判をおされていた過去があるようです。

なんでも2つ目に教わった「鉢の木」というネタを1週間で覚えたことがそう言われた理由のようですよ。

ながーーーーいネタを1週間で覚えたというのですから、賢く、さらに講談師としてのセンスがあったのでしょうね。

神田松之丞が超人気講談師と言われるようになった理由

 

 

神田松之丞が今のような人気講談師と言われるようになり、講談師としてだけでなく、テレビやラジオで活躍するようになった理由は何だったのでしょうか。

まず1つ目に、神田松之丞の本音で語る姿が良かったと言われています。

ネットが発達して今では何か言うとすぐにクレームやバッシングが起こる時代ですが、ラジオでの神田松之丞は世間が思っている本音を遠慮なく言ってくれるというそのキャラクターが人気になった理由と言われているようですね。

また神田松之丞のわかりやすい講談も理由にあるようです。

講談師というあまり馴染みのない名前でしたが、神田松之丞が講談師としてブームになったのは、難しくてよくわからないという講談のイメージを払拭したからだそうです。

歴史などちょっと皆さんが知らないであろう話題をまじえて話すときには、それがいつ起こったのか、どういった反乱や憲法だったのかなど簡単な解説をさり気なく加えています。

それによって聴きに来た人に、”講談”=”わかりやすい”というイメージを持ってもらうことで徐々に講談、そして講談師としての神田松之丞が評価されるようになったようですね。

Sponsored Link

まとめ

今人気沸騰中の講談師、神田松之丞についてお伝えしました。

神田松之丞の今後の活躍も楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link