鴻巣花火大会2019屋台の場所・時間・種類を紹介!名物出店はコレ

埼玉県で開催される花火大会で、毎年60万人もの来場者が訪れるという鴻巣花火大会。

2019年も10月に開催されます。

2014年に世界記録としてギネスブックに認定された、世界一重い4尺玉を打ち上げることで有名な鴻巣花火大会です。

内閣総理大臣賞も受賞したことがあるようですよ。

今回は、その鴻巣花火大会2019年における屋台の開催場所と時間、種類、そして鴻巣花火大会でしか食べられない名物屋台もご紹介します。

鴻巣花火大会2019の開催日程と場所情報

 

 

開催日時2019年10月12日(土) (荒天順延10月13日(日)) 
     18時~20時予定

開催場所糠田運動場および荒川河川敷

住所埼玉県鴻巣市糠田1073-1

主催者鴻巣市商工会青年部

問い合わせ番号048-543-1634

雨天時:小雨決行(荒天時は2019年10月13日(日)に延期)

基本的に当日朝10時に決定予定ですが、荒天の場合にはその時点で中止や順延の判断をされることもあるようです。

公式サイトをご確認ください。

打ち上げ花火数:約2万発予定

前年の来場者:約60万人

有料観覧席:あり

約6,500人収容できるようですよ。※下記で詳しく説明

ちなみに協賛席も10,000人収容できるものが用意されています。

興味のある方はこちらをご覧ください。

アクセス方法:最寄り駅は、JR鴻巣駅で徒歩約35分

または、鴻巣駅から市内循環バス「フラワー号」乗車6分 、田間宮小学校入口で下車し徒歩7分

※シャトルバスの運行はありません。

※詳しくはこちらも下記参照。

Sponsored Link

鴻巣花火大会の屋台の開催場所は3箇所!

 

 

鴻巣花火大会の屋台は、花火の観覧場所と一致します。

糠田運動場

住所:〒365-0059 埼玉県鴻巣市糠田1073−1

鴻巣花火大会の協賛席や有料観覧席が用意されている場所と同じところです。

13時開場予定です。

糠田運動場は、JR鴻巣駅より徒歩で約35分ほどかかります。

お子様連れにとっては少し遠いですよね。

先程もアクセス方法でお伝えしましたが、鴻巣駅より巡回バスがあるので、それに乗り、田間宮小学校で下車すると、徒歩7分ほどで行くことができます。

有料観覧席や協賛席が用意されているくらいですから、立ち見でも良ければ、好位置で花火が見れること間違いなさそうですね。

②御成橋下の会場

住所:〒365-0044 埼玉県鴻巣市滝馬室

これは鴻巣花火大会のポピー会場です。

当日の朝7時より場所取り開始の許可があります。

ここは無料観覧席として指定されているところで、鴻巣駅からも徒歩約20分ですので、交通の便もそこまで悪くないですね。

③吉見総合運動公園

住所:〒355-0103 埼玉県比企郡吉見町大字今泉141

そしてもう一つの鴻巣花火大会の屋台の出店場所は、公式駐車場である吉見総合運動公園です。

こちらは朝の9時半より場所取りが可能となりますよ。

公式駐車場敷地内ですので、子ども連れの方やご高齢の方などと共に車で来場する場合には、おすすめですね。

敷地内に屋台もあり、無料観覧席までありますから、長時間の歩行は必要ありませんね。

ただし、この周辺には公共交通機関がありませんので、来場には車が必須となります。

どうしても車以外で来場という場合でも、鴻巣駅か東松山駅下車後にバスに乗り換え、古名(こみょう)バス停で下車し、徒歩30分ほど歩く必要があります。

ちょっとおすすめはできませんね・・・

鴻巣花火大会の屋台の営業時間

 

 

鴻巣花火大会の屋台の営業時間は、早いところでお昼前から営業されているようです。

朝の9時半から入場することができる吉見総合運動公園が一番早く開店するという情報がありますが、15時前後からほとんどの屋台が出揃うと思っていてもらっていいと思います。

花火大会が18時からを予定しているので、17時くらいには、打ち上げに備えて場所取りしたところに戻ったほうがいいかもしれまんせんね。

そして屋台の営業終了時刻は、大体21時くらいです。

花火の打ち上げが終わってしばらくすると屋台も閉めていくような感じですね。

Sponsored Link

鴻巣花火大会の屋台は40分待ち?

 

 

鴻巣花火大会の来場者数は約60万人と言われています。

ギネス記録に選ばれたり、内閣総理大臣賞を受賞しているほどの有名な花火大会ですから、多くの人が来場するのは当然ですよね。

人気の屋台に人の行列が出来ることはしばしば見られることではありますが、昨年は一つの屋台に約40分も並ぶこともあったようですよ。

ちょっと小腹が減ったから、買ってくるね!というようなノリで、行ってみたら40分待ちということにもなりかねませんので、花火開始時間を考えて行動したほうがいいかもしれませんね。

鴻巣花火大会の屋台の種類やメニューは約40種類以上

 

 

ではこれまでの鴻巣花火大会で出店された屋台についてご紹介します。

 

焼きそば、お好み焼き、いか焼き、たこ焼き、からあげ、富士宮やきそば、じゃがバター

おでん、大串焼、ドネルケバブサンド、ラーメンバーガー、あげもんじゃ、ぎょうざドッグ

ポークライスロール、とん汁、もつ煮、ふりふりポテト、きゅうりの一本漬け、あげもち

フランクフルト、和牛鉄板焼、シロコロホルモン、チキンステーキ、おこたま

ビフテキ丼、鳥皮焼、やきとり

 

お菓子系の屋台については、ベビーカステラ、大判焼、チョコバナナ、ワッフル

クロワッサンたい焼き、わたあめ、スティックパイ、りんご飴、あんず飴、ぶどう飴

いちご飴、べっこう飴

 

また、くじ引きや的あてなどのゲーム系の屋台もありましたよ。

 

昔は、焼きそば、お好み焼き、たこ焼き、綿菓子、りんご飴、ベビーカステラ、かき氷などの定番の屋台のメニューをよく目にしましたが、最近は居酒屋並みに色々な種類の食べ物を楽しむことが出来るんですね。

時代は変わりましたね。

Sponsored Link

鴻巣花火大会限定の名物屋台はコレ

 

 

上記の屋台とは別に、鴻巣花火大会限定の地域の名物やB級グルメを食べることが出来るようです。

興味ありますよね。

その鴻巣花火大会の屋台の中でも鴻巣コロッケやゼリーフライと呼ばれる行田市のB級グルメが人気のようです。

10月の少し肌寒くなってきた時期にコロッケは最高ですね。

 

またゼリーフライは、おからを主とした具材を衣を使わずに素揚げしたコロッケの一種です。

ゼラチンのゼリーとは関係なく、形状が小判に似ていることから「銭富来(ゼニフライ)」と呼ばれていて、それが訛った結果「ゼリーフライ」と呼ばれるようになったという説があります。

どちらもビールによく合うでしょうね。

 

このように、鴻巣花火大会特有の名物屋台があるのも嬉しいですね。

鴻巣花火大会の有料観覧席はイープラスで!

 

 

鴻巣花火大会の有料観覧席は、毎年6月2週目くらいよりイープラスそしてファミリーマート専用端末Famiポートにて販売しています。

残念ながら、電話でのチケット受付はありません。

 

会場は、糠田運動場である糠田メイン会場です。

シート席と椅子席があります。

 

シート席:1区間は1.8m×1.8mで税抜15,000円(最大4名)です。

椅子席:パイプ椅子です。

1名 \5,000(税抜)
2名 \9,000(税抜)
3名 \14,000(税抜)
4名 \18,000(税抜)
5名 \23,000(税抜)
6名 \27,000(税抜)

ご高齢の方で足が不自由な場合には、椅子席がおすすめですね。

 

※基本的に一度販売したチケットの払い戻しはできません。

順延の場合も不可能です。

開催中止の場合のみ払い戻し可能ですが、途中中止となった場合も払い戻し不可能です。

Sponsored Link

鴻巣花火大会のアクセス方法

 

 

鴻巣駅からの市内循環バス「フラワー号」の時刻表です。

現在、調整中ということですが、混雑を考慮し、鴻巣駅発のバスは14時台のもので最終便となる予定です。

 

また鴻巣花火大会開催者側は、当日の混雑を予想して、出来る限り公共交通機関を利用するように推奨していますが、どうしても自家用車での来場が必要な方のために・・・

車で来場される場合は、

  • 関越道東松山ICから約14㎞、車で39分
  • 首都高与野ICから車で54分
  • 東北道加須IC、または羽生ICから車で55分

が主なアクセス方法です。

駐車場は2000台分ありますが、無料駐車場は協賛者のみとなります。

よってそれ以外の人は一日2000円程度駐車料金が必要になります。

交通規制が16時より開始されますので、自家用車で来場の方は注意してくださいね。

一般駐車場は、屋台の観覧場所としてお伝えした吉見総合運動公園と糠田第2会場です。

9時半開場ですが、毎年すぐに満車になりますので、早めの来場をおすすめします。

駐車できない場合でも、鴻巣駅周辺にコインパーキングがありますので、検討してみてください。

  • タイムズ鴻巣

24時間営業

【土日祝の場合】

60分 100円
9:00-17:00 最大料金300円
17:00-09:00 最大料金400円

周辺に他にもいくつかタイムズ駐車場はあります。

 

  • 鴻巣市鴻巣駅東口第1・第2駐車場

24時間営業

最初の1時間無料
1時間を超える部分につき30分までごとに100円
午後8時から翌日の午前8時までの料金は上限600円
夜間最大料金 600円 (20時から8時まで)
※1日単位の上限はないので、ご注意ください。

第1駐車場 730台収容

第2駐車場 65台収容

 

どちらにせよ、当日は60万人の人が花火を見にやってくることが予想されますので、混雑は覚悟して行くことをおすすめします。

鴻巣花火大会をおすすめする理由!

 

 

鴻巣花火大会の見どころは、もちろんギネス記録となった4尺玉です。

4尺玉が見れる花火大会は2019年この鴻巣花火大会と新潟県の浅原神社秋季例大祭奉納大煙火のみです。

これは行くしかないですね!

もちろん4尺玉だけでなく、3尺玉や2尺玉もみることができますよ!

 

また日本一のラストスターマインといわれる 鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)は、尺玉300連発で構成されていて、それはそれは圧巻です。

打ち上げ花火数は20,000発ですから、いい思い出が作れること間違いないでしょう!

Sponsored Link

まとめ

埼玉県の鴻巣花火大会についてご紹介しました。

屋台はこの花火大会だけのB級グルメや名物が食べれるということでワクワクしますね。

しかし4尺玉の見れる花火大会ですから、見逃すわけにはいきませんね!

鴻巣花火大会は10月に開催ですので、暑すぎずいい季節だと思います。

夜は少し肌寒くなったりもするので、上着などを準備して、素晴らしい打ち上げ花火を満喫してくださいね!

 

 

あなたへのおすすめ記事!

2019板橋花火大会で屋台に合わせた場所取り!穴場スポットは?

2019調布花火大会の場所取りのおすすめは?穴場スポットはどこ?

2019沼田花火大会の穴場スポットと周辺駐車場のおすすめは?

りんどう湖花火大会2019の穴場スポットは?有料席はおすすめ?

猪名川花火大会2019屋台の開店時間と場所や種類は?駐車場は?

2019釧路どんぱく花火大会の穴場スポットと駐車場!混雑状況は?

2019鈴鹿げんき花火大会穴場スポットや駐車場おすすめ情報!

須賀川市釈迦堂川花火大会2019屋台の出店場所・時間・種類情報!

Sponsored Link