熊田貴樹のプロフィールや画像は?写真家で撮影した芸能人が凄い!

女優の多部未華子が結婚を発表しました。

結婚相手は写真家の熊田貴樹氏です。

熊田貴樹氏のプロフィールや画像について調べてみました。

熊田貴樹氏が撮影した芸能人が超豪華でびっくりなんです!

熊田貴樹のプロフィール

 

 

フォトグラファーの熊田貴樹氏のプロフィールをご紹介します。

熊田貴樹のプロフィール

  • 名前の読み方:くまだ たかき
  • 生年月日:調査中
  • 年齢:調査中
  • 所属事務所:個人事務所(2010年~)

なんと写真家である熊田貴樹氏のプロフィールの情報がほとんど見つかりませんでした。

年齢としては、40歳前後なのではないかと思います。

熊田貴樹の公式サイトには、

2004年に独立。
モード誌を中心に活動。
グラフィック広告のほか、ファッション・ムービーやCFの撮影も手がける。

と記載されています。

熊田貴樹は2002年に写真家の田島一成氏に弟子入りし、2年間の修行の末、2004年に独立をしたようです。

あまりプロフィールが明らかになっていない熊田貴樹氏ですが、その実力は写真家の世界の中では大変認められているようです。

熊田貴樹氏の作品については後ほどお伝えします。

Sponsored Link

多部未華子の結婚相手の熊田貴樹イケメン画像!

 

 

多部未華子が結婚した相手である写真家の熊田貴樹氏の写真がこちらです。

多部未華子よりも少し年上のような印象ですね。

多部未華子が2019年時点で30歳ですから、10歳以上は年の差はあるのではないでしょうか。

熊田貴樹は写真家としての作品は?

 

 

多部未華子と結婚を発表した熊田貴樹氏ですが、写真家として日本のトップ企業の広告を手掛けている凄い方なんです。

その熊田貴樹氏が手掛けた広告は、

エンポリオ・アルマーニ、UNIQLO、バーバリー、資生堂、SHU UEMURA、KOSE、 UNILEVER、伊勢丹、三越、高島屋、日産、PARCO、Panasonic、SHARP、キャノン、OLYMPUS、CASIO、KIRIN、Ymobile、JR西日本などその数多数あります。

またウォルト・ディズニーやジャニーズ事務所とも一緒にお仕事をしたことがあるようです。

熊田貴樹氏って凄い方なんですね。

坂本昌行の嫁や結婚相手はだれ?予定はいつ?熱愛情報や彼女まとめ!

城島茂の嫁は菊池梨沙!結婚の馴れ初めや結婚式は?子供妊娠で来年パパへ

木村拓哉ソロライブへ!日程・会場・チケット申込方法・倍率予想!

Sponsored Link

熊田貴樹が撮影した芸能人が超豪華で凄い!

 

 

写真家の熊田貴樹が撮影した芸能人が超豪華なんです。

熊田貴樹氏が手掛けた作品の数々を見ていると、その実力の高さがよく分かりますね。

嵐の松本潤が表紙を飾る写真集の撮影も手掛けていたようです。

写真家って俳優から歌手までたくさんの芸能人の撮影をするわけですから、芸能人との出会いがいくらでもありそうですね。

多分モテモテだったと思われる熊田貴樹氏は数ある芸能人の中から女優の多部未華子と生涯を共にすることに決めたんですね!

この2人の馴れ初めについても後ほど調べてみようと思います。

多部未華子との結婚で熊田貴樹のサイトにアクセスが殺到!

 

 

熊田貴樹氏には公式サイトがあるのですが、多部未華子の結婚が報道された直後からこのサイトへのアクセス数が大爆発したようです。

篠山紀信氏や蜷川実花氏など写真家として世界でも活躍する日本人でその名前が有名になっている人は多数いますよね。

ただ言われてみれば、名前が知られている写真家って未だに数少ない感じがしますね。

熊田貴樹氏のように名前はそこまで有名ではないですが、その作品をみると、私達が普段よく目にするブランドや企業広告、雑誌などたくさんの作品を撮影していて、実力のあるフォトグラファーであることが分かりました。

Sponsored Link

ネットでの写真家・熊田貴樹に対する反応は?

 

 

熊田貴樹氏がすごい写真家であるということで皆さん盛り上がっているようですよ。

多部未華子との馴れ初めは、このUQ mobileのCM撮影から始まったんですね。

このCM個性的でインパクトがありましたよね。

熊田貴樹氏はこのような何か光る作品を残すことができる才能ある写真家なんですね。

まとめ

今回は、多部未華子と結婚した写真家の熊田貴樹氏についてご紹介しました。

熊田貴樹氏は日本の実力派写真家だということが分かりました。

熊田貴樹氏の名前はまだ世間に広く知れ渡っているわけではありませんでしたが、その撮影した作品は私達が日頃よく目にする広告ばかりでした。

今後多部未華子との結婚によって、さらに熊田貴樹氏の作品が注目を集めそうですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link