宮沢りえの若い頃が可愛い【画像】スタイル良すぎ!広瀬すずにそっくり?

現在の宮沢りえも色気があってキレイすぎなので、若い頃が可愛いのは容易に想像できますよね。

そんな宮沢りえの若い頃も見てみたいと思った人のために、宮沢りえの若い頃の超可愛い画像の数々をご紹介します。

昔の宮沢りえは、女優の広瀬すずに似てると言われているんです。

広瀬すずに似てるなんて、画像見なくても可愛いに決まってますよね。

スタイル抜群な宮沢りえも一挙ご紹介します。

Sponsored Link

宮沢りえの若い頃の画像が可愛い!

 

 

最近、宮沢りえをテレビで見ることが増えてきました。

ドラマ「真犯人フラグ」やNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にも出演。

中高年世代の宮沢りえファンとしては、久しぶりにテレビで宮沢りえの姿が見れるとあって、嬉しすぎますよね。

宮沢りえといえば、見た目のその魅力もさることながら、演技力もかなり評価されています。

これまでにも数え切れないほどの賞を受賞してきました。

最近では2019年に出演した「人間失格 太宰治と3人の女たち」で、第43回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

また2016年に主演した「湯を沸かすほどの熱い愛」では、第40回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめとした様々な賞を総なめ!!

これだけ多くの賞を受賞できるなんて、凄いことですよね。

さて、宮沢りえの若い頃は当然のことながら、本当に可愛かったんです。

宮沢りえの芸能界デビューはなんといっても11歳。

モデルとしてデビューして、程なく「週刊セブンティーン」の表紙モデルになりました。

これだけ可愛いとなると、人気が出る理由もよく分かりますよね。

透明感があって、画像で見てるだけでも美しい。

1987年のCM「三井のリハウス」の初代リハウスガールに抜擢されて、宮沢りえの知名度は高くなりました。

一躍トップアイドルの仲間入りという感じでしたね。

その当時の宮沢りえは本当に凄い人気でした。

国民的美少女であることは間違いないですね。

黒髪ロングが余計にお嬢様らしさを引き立てています。

この宮沢りえはかなり色気がありますね。

若い頃からこれだけの色気があるなんて、すごすぎる。

宮沢りえは色気と可愛さ、どちらも兼ね備えているのは明らかですね。

 

Sponsored Link


宮沢りえの若い頃の出演ドラマって?

 

 

宮沢りえはデビュー後、1988年に映画「ぼくらの七日間戦争」の主演で女優デビューを果たしました。

当時15歳で映画に主演デビューですから、その注目度がよく分かりますよね。

ちなみにこの映画で日本アカデミー賞新人賞を受賞しました。

そしてドラマにも度々出演するようになります。

若い頃の宮沢りえの出演ドラマを画像とともにご紹介します。

宮沢りえの若い頃の出演ドラマ抜粋

  • 追いかけたいの!(1988年)
  • 大河ドラマ春日局(1989年)
  • 青春オーロラ・スピン スワンの涙(1989年)※初主演ドラマ
  • 大河ドラマ太平記(1991年)
  • 悪魔をやっつけろ!(1990年) ※主演
  • いつも誰かに恋してるッ!(1990年) ※主演
  • いつか誰かと朝帰りッ!(1990年) ※主演
  • 聖夜に抱きしめて(1991年)
  • 東京エレベーターガール(1992年) ※主演
  • 西遊記(1993年) ※主演
  • 青春牡丹燈篭(1993年)
  • ドラマ結婚式場 花嫁介添人がゆく (1994年 – 1996年、関西テレビ)
  • 北の国から(1995年、1998年)
  • 夏の一族(1995年)
  • 協奏曲(1996年)
  • 三毛猫ホームズの黄昏ホテル(1998年)
  • カミさんなんかこわくない (1998年)
  • 神様、もう少しだけ(1998年)
  • 元禄繚乱(1999年)
  • ロマンス(1999年) ※主演
  • フードファイト(2000年)
  • おいね 父の名はシーボルト(2000年) ※主演
  • さらば向田邦子 風立ちぬ(2001年)
  • 長崎ぶらぶら節(2001年)
  • 碧空のタンゴ〜東京下町、ある職人一家の終戦〜(2001年)
  • 青き復讐の花(2002年)
  • 血脈(2003年)
  • 太閤記 サルと呼ばれた男(2003年)
  • 一番大切な人は誰ですか?(2004年)
  • 夏目家の食卓(2005年)
  • ぶるうかなりや(2005年)
  • 女の一代記(2005年)

若い頃の宮沢りえのほうが現在よりもふっくらしているように見えます。

顔立ちは今も昔も全く変わらず、本当に美人ですよね。

宮沢りえのドラマの出演歴を見ると、若い頃から第一線で活躍しているということがよく分かりますね。

若い頃の宮沢りえは広瀬すずにそっくり?

 

 

若い頃の宮沢りえは本当に透明感があって、純粋派女優という感じがしますよね。

めっちゃ可愛いですよね。

実は、若い頃の宮沢りえは女優の広瀬すずに似てると言われているんです。

広瀬すずは、現在国民的美少女ですから、知らない人はいないくらい有名女優ですよね。

広瀬すずと宮沢りえには年齢差もあるので、宮沢りえの若い頃を知らない人はそのように思わなかったかもしれませんが、ふとした瞬間が似てると言われているようですね。

何となく目力や鼻筋が通っているところなどが似てるのかもしれませんね。

「ミュージックステーション」の過去の映像が放送されたときに若い頃の宮沢りえが映っていて、その姿が現在の広瀬すずに似てると話題になりました。

この若い頃の宮沢りえは、何となく広瀬すずに似てるような気がしないでもないような・・・。

美人枠という部分では、間違いなく同じですね!

Sponsored Link


若い頃の宮沢りえの水着画像が可愛すぎ!

 

 

宮沢りえは昔、水着姿を披露していたことがあったんです。

宮沢りえの水着姿なんて可愛いに決まってますよね。

はい可愛い~!

想像以上の可愛さですね。

この幼さの残る笑顔が癒やされます。

最近の宮沢りえはショートヘアのことが多いですけど、ロングヘアの宮沢りえもめっちゃ可愛いですね。

しかもスタイル抜群。

宮沢りえはモデルとして芸能界デビューしているので、これだけスタイルが良いのも納得ですね。

スタイルもよくて、顔も可愛いし、女優として演技もできるなんて、天は二物を与えすぎという感じですね。

めちゃめちゃ可愛すぎます。

ほどよい筋肉もあって、太すぎるわけでもなく、細すぎるわけでもない理想の体型ですね。

宮沢りえは昔歌手もしてた!

 

 

現在は女優さんという印象がある宮沢りえですが、昔は歌手活動もしていたんです。

宮沢りえと同年代の女優さんで、元々歌手もしていたという人って意外と多いですよね。

女優の観月ありさもその一人。

牧瀬里穂とともにこの3人は頭文字のMをとって「3M」と呼ばれていました。

1990年に発売したセカンドシングル「NO TITLIST」はオリコン1位を獲得。

紅白歌合戦にも出場しています。

その歌唱力はまずまずといったところですが、当時の人気は爆発的だったので歌唱力なんて全く気にならなかった人も多いと思います。

この可愛さで歌手活動もしていたとなると、売れないわけがないですもんね。

宮沢りえの楽曲の作曲をしていた人物の中に、ジョン・レノンもいました。

あのビートルズのメンバーに作詞作曲してもらっているわけですから、それはそれは凄いことですね。

宮沢りえの当時の人気は絶大だったのです。

Sponsored Link


若い頃の宮沢りえは大恋愛していた!

 

 

現在の宮沢りえは、V6のメンバー森田剛と結婚しています。

幸せな結婚生活を送っておられるようですが、過去の恋愛は波瀾万丈だったんだとか。

10代から爆発的人気だった宮沢りえですから、モテないわけがないですよね。

19歳とのときに当時関脇であった貴花田との婚約を発表。

2人で記者会見を行いました。

当時はかなりラブラブな様子で、双方が国民的な人気があったので、世紀のカップル誕生と話題になります。

しかしその2ヶ月後には婚約解消を発表。

「人生最高のパートナーになれなかった」というコメントを発表したのです。

この背景には、お互いの家柄など大人の事情も関係しているようですが、詳しいことはわかりません。

しかし宮沢りえは2009年には第一子となる女の子を出産。

現在は一児のママです。

波瀾万丈を乗り越えて、現在の宮沢りえはとっても幸せそうですね。

宮沢りえは昔から今までスタイル抜群!

 

 

元々モデル出身ということもあり、宮沢りえのスタイルは抜群。

それはこれまでの画像でもよく分かったかと思いますが、そのスタイルは若い頃から現在まで全く変わりません。

本当に美脚ですよね。

しかも美白。

羨ましい限りですよね。

足もめっちゃ長いですし、何度も言いますが本当に羨ましい(笑)

宮沢りえの身長は167cm。

日本人の母親とオランダ人の父親を持つハーフですから、スタイルもいいはずですよね。

顔も小さすぎだし、非の打ち所がないというのはこのことですね!

アラフィフになっても、これだけ美しい宮沢りえ。

宮沢りえのような大人の女性ってステキですね。

Sponsored Link


まとめ

宮沢りえの若い頃の可愛い画像を集めました。

とりあえず宮沢りえの若い頃の可愛さは最強。

女優の広瀬すずに似てるという声があるのも理解できるほど可愛かったですね。

最近、宮沢りえをテレビで見れる機会が増えているので、本当に嬉しい限りです。

これからの宮沢りえの活躍も応援しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link