南野陽子のほくろ巨大化を若い頃の画像で比較検証!除去しないの?

スケバン時代から南野陽子の大ファンですが、南野陽子は50代でも相変わらずかわいい。

そんな南野陽子のチャームポイントと言えば顎にあるほくろ!

実はその南野陽子のほくろが最近巨大化してきたように思ったんです。

南野陽子の若い頃の画像と比べてほくろが巨大化してるのか検証します。

南野陽子はほくろ除去はしないのでしょうか。

Sponsored Link

南野陽子のほくろ巨大化を若い頃の画像と比較検証!

 

 

南野陽子はデビュー以降、30年以上に渡って芸能界の第一線で活躍し続けています。

ほくろの歩みとともにアイドルから一流女優へと変身を遂げた南野陽子を振り返ってみましょう。

デビュー曲「恥ずかしすぎて」

1985年に南野陽子は「恥ずかしすぎて」で歌手デビューしました。

南野陽子は18歳の誕生日を迎えたと同時にデビューしたわけですが、これを見ると可愛さもあり、18歳とは思えない大人びた落ち着いた雰囲気があります。

この頃の南野陽子のほくろはまだあまり目立ってはいませんね。

スケバン刑事Ⅱ主演

スケバン刑事は、ドラマ、映画にもなった爆発的人気シリーズですが、南野陽子の「おまんら、許さんぜよ!」という台詞は、覚えている人も多いはず!

このスケバン刑事によって、南野陽子は一躍トップアイドルとなりました。

現在の南野陽子からは想像も出来ませんが、この頃の南野陽子は共演した女優の浅香唯が近づけなかったほど怖い存在だったそうです。笑

お嬢様育ちの南野陽子は、我儘だったという噂もありますが、デビューして早々、大人気アイドルとなったわけですから、その目まぐるしい環境の変化についていけなかったのかもしれませんね。

映画「私を抱いてそしてキス」主演

1992年には映画「私を抱いてそしてキスして」で主演し、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

1980年代の終わりに所属事務所と対立し、無理やり独立したことでバッシングされた南野陽子は、歌手活動を停止して、女優業に専念するようになりました。

その直後手にした主演女優賞ですから、喜びもひとしおだったに違いありません。

この頃の南野陽子は、以前よりもほくろが巨大化してきていることがわかります。

ドラマ「一攫千金夢家族」

2002年、南野陽子はドラマ「一攫千金夢家族」に出演しています。

女優業も板についてきた感がありますね。

「笑っていいとも」レギュラー出演

2007年~2009年、南野陽子は「笑っていいとも!」のレギュラーを務めました。

レギュラー出演が決まった当時は、「活躍はできないと思います」と語っていた南野陽子ですが、年末恒例の「笑っていいとも!特大号」では、2007年ににしおかすみこ、2008年に鳥居みゆきを披露し話題になりました。

相変わらず、可愛いですね。

Blooming Girls

2012年、南野陽子は森口博子と西村知美とともに新ユニット「Blooming Girls」を結成しました。

1980年代から1990年代にかけてのアイドルが蘇ったような気がしました。

40代の南野陽子ですが、花柄の衣装もとってもよく似合っていました。

西郷どん

2018年には降板した斉藤由貴の代役とNHK連続テレビ小説「西郷どん」で、南野陽子が幾島役を務めました。

この画像はかなりほくろが強調されて写っていますが、何となく若い頃に比べると、ほくろが目立っているように思いますね。

Sponsored Link


南野陽子のほくろ巨大化説は本当?

 

 

南野陽子の画像を若い頃から比べてみると、確かにほくろが巨大化してきていると思います。

2018年の週刊女性の取材で、高須クリニックの高須院長が南野陽子のほくろについて

若い頃の写真と比べて、育ってるね! 

コレ、サイズだけじゃなく高さというか、膨らみも大きくなったような……。

でも南野さんが特別なわけではありません。

みんなホクロ・シミは成長し、イボは増えるんです。

とコメントしています。

専門家がそのように指摘しているので、最近でも南野陽子のほくろが成長しているというのは本当でしょうね。

また南野陽子の現在と若い頃のほくろの違いとして、色の濃さも変わったと思います。

このNHK連続テレビ小説「西郷どん」に出演したときの南野陽子を見ると、数年前と大きさはそこまで変わっていないようですが、色の濃さが濃くなっているように見えますね。

南野陽子のほくろ巨大化はいつから?

 

 

実際に南野陽子の若い頃からの画像で比較してみましたが、南野陽子のほくろ巨大化現象はスケバン刑事以降で間違いないですね。

先程のスケバン刑事時代の南野陽子を振り返ると、既にほくろは今くらいの大きさに縦にも横にも膨れていることがわかります。

昔はテレビの画質も今に比べるとかなり悪かったですし、テレビで見るとわかりにくかったかもしれませんが、アップにしてみると、南野陽子のほくろは若い頃から巨大化していたのですね。


ただここ数年で南野陽子のほくろ巨大化を感じている人もいるので、画像で確認できませんでしたが、最近になってもほくろの濃さだけではなく、大きさも成長している可能性はありますね。

Sponsored Link


南野陽子のほくろ巨大化の理由は?

 

 

南野陽子のほくろは劇的に大きくなったという印象はありませんが、美容外科 高須クリニックの高須院長ですら、大きくなっているとコメントしているということは、少なからず南野陽子のほくろは巨大化してきていると考えて間違いないでしょう。

その理由として考えられるのは、

  • 加齢
  • ストレス
  • メラノーマ
  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ
  • 接触

などがあります。

加齢に伴い、新たなほくろやシミが出現するのと同様に、ほくろも成長する可能性もありますし、南野陽子のように口元にあるほくろは、周囲の皮膚や筋肉を使用頻度が多いことので、刺激によって大きくなることが分かっています。

南野陽子の場合、歌手や女優として口の周囲の筋肉を使うことが多いですし、喋る仕事なので、口元を多用していますよね。

またほくろが大きくなる原因として一番恐れられているのが、「メラノーマ」という皮膚の悪性腫瘍です。

通常のほくろとの違いは「徐々に大きくなる(6ミリを超える)」「いびつな形」「左右非対称」「色に濃淡がつく」という特徴がありますが、南野陽子のほくろはメラノーマの心配はなさそうですね。

南野陽子はほくろを除去しないの?

 

 

「ほくろが巨大化した」と言われるほど南野陽子のほくろは世間から注目されているわけです。

ほくろは南野陽子の”チャームポイントだから”というのがその根底にあるとは言えど、それだけ南野陽子の「ほくろ」のインパクトが強いということですよね。

女性であれば、誰でも顔の印象を決めるほくろが気になるでしょうし、除去したいと考えるものですので、南野陽子も同じでしょう。

ただ南野陽子は芸能人ですし、ほくろがチャームポイントになっている南野陽子にとって、そのほくろを除去するというのは、自分の世間からのイメージを揺るがすことになるかもしれませんよね。

南野陽子はそれを恐れているのかもしれません。

しかし南野陽子のような大物女優になってしまえば、ほくろを除去したくらいで仕事に支障を来たすことはないでしょうし、問題ないと思います。

結婚式などのタイミングでほくろを切除する人も多いですが、南野陽子の場合は2011年に結婚したことを発表していますし、結婚式も既に終わってるでしょうね。

となると、命の危険が無い限り、今後のほくろ除去は考えていないのかもしれませんね。笑

Sponsored Link


ほくろがあっても神かわいい南野陽子の若い頃の画像!

 

 

南野陽子は高校2年生の夏に上京して、芸能人が通うことで有名な堀越高校に通っていました。

1984年にドラマ「名門私立女子高校」で芸能界デビュー

ドラマ「スケバン刑事Ⅱ」に出演していた頃、フジテレビ局内でとんねるずの石橋貴明が南野陽子とすれ違い、南野陽子のあまりの可愛さに衝撃を受けたほど美少女だったようです。

まあこれだけかわいいとなると、そりゃそうなりますよね。

ほぼメイクしていないのにこれだけの可愛さって破壊力半端ないですよね。

最近思うんですけど、昭和時代のアイドルって本当に雲の上の存在レベルに可愛かったと思います。

今のアイドルも可愛いんですけど、なんか違うっていうか・・・

この意見に共感してくれる人もいるはず。

白いTシャツを着てるだけでこれだけ色気があるのもすごい。

南野陽子は現在も可愛いですけど、若い頃の美人レベルは半端ないですね。

南野陽子のようにほくろが魅力的だった芸能人

 

 

南野陽子のようにほくろがチャームポイントな芸能人は意外に多いんです。

1980年代、90年代から活躍している女優さん達3人をご紹介します。

一人目は、女優の宮沢りえ

もう宮沢りえといえば、日本を代表する大物女優の1人ですが、その宮沢りえのほくろが消えたと2018年に話題になりました。

確かにほくろがなくなっていますね。

今までのチャームポイントであった宮沢りえのほくろを惜しむ声が多かったですね。

そして女優の沢口靖子もほくろを除去した人の1人です。

若い頃の沢口靖子は鼻の下にほくろがあったのですが、最近の沢口靖子はすっかりほくろがなくなっています。

沢口靖子のほくろをあまり意識したことはありませんでしたが、ほくろがないほうが綺麗になった気がしますね。

そして女優の鈴木京香も若い頃は鼻の上にほくろがありましたが、いつの間にか除去していました。

鈴木京香の場合、宮沢りえと同じように目立つ位置にほくろがあったので、ほくろを切除した方が顔の綺麗さが増したように思います。

 

芸能界には、南野陽子のようにチャームポイントといえるよなほくろがあった人がたくさんいますが、長年の芸能生活の間にほくろを切除している人も多く、南野陽子のようにほくろを除去していない人は少ないように思います。

Sponsored Link


まとめ

南野陽子のほくろが巨大化したか若い頃の画像と比較して検証してみましたが、最近極端に大きくなったわけではなさそうでした。

デビューして数年後の南野陽子と現在の画像を比べても、そこまで大きさは変わっていないようですし、写真やテレビの画質によって、若い頃の南野陽子のほくろは小さく見えていただけなのかもしれません。

大きめのほくろを除去していないのは、残すところ芸能界の中で南野陽子だけかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link